アイキャッチ

Rheumatism

アレルギーについて

アレルギーは以下のように分類されます

  1. I型:気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、食物アレルギー 等
  2. II型:溶血性貧血、慢性甲状腺炎 等
  3. III型:関節リウマチ、ループス腎炎(SLE) 等
  4. IV型:アレルギー性接触皮膚炎、過敏性肺炎 等

アレルギー物質の存在自体が直ちに問題になるわけではありませんが、重篤なアレルギー反応が生じた場合は生死に関わる場合もあります。アレルギーに対しては適切な管理が重要です。

気管支喘息

原因

  • 気道の慢性炎症、気道過敏性の亢進、可逆性の気道狭窄

症状

  • 繰り返し起こる咳・喘鳴・呼吸困難
  • 喘息発作は夜間や早朝に多い
  • 季節性(花粉症の時期等)と通年性の場合がある

検査

  • 呼吸機能検査
  • 血液検査
  • 喀痰検査
  • アレルギー検査

治療

  • コントロール目的(重症度に応じた薬物治療)      

    副腎皮質ステロイド吸入薬
    長時間作用性β刺激薬
    テオフィリン
    ロイコトリエン拮抗薬
    その他抗アレルギー薬
    抗IgE抗体

        
  • 発作時(発作強度に応じた薬物治療)      

    小発作時:β2刺激薬、テオフィリン
    中~大発作時:β2刺激薬、ステロイド、アミノフィリン、酸素、アドレナリン
    重篤時:人工呼吸

        

注意1

いわゆる「かぜ」の症状が消失後、咳のみが残存し、期間が経過することがあります。「咳喘息」と呼ばれるもので、放置すると気管支喘息に進行する場合があります。適切な管理により軽快する人も多いので、咳や痰が長引いて収まらない場合は、早めに受診しましょう。

注意2

ステロイドについて「怖い薬じゃないか?」との質問を受けることがあります。ステロイドは適切に使用すれば安全であるケースが大半です。ステロイドを使用せず、病状が悪化する方がはるかに危険です。

一覧へ戻る

後楽園駅前診療所
外観
住所
東京都文京区小石川2-6-5
小石川二丁目ビル1階
TEL
03-6801-8191
受付
9:30~13:00
15:00~18:30
診療 日祝
午前9:30~13:00
午後15:00~18:30

※休診日:木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

アクセス・診療時間