診療案内

内科・腎高血圧内科

「こんな病気を扱っています」

腎臓病(蛋白尿、腎機能異常 など)

高血圧
糖尿病
その他一般
(風邪、腹痛、嘔吐、下痢、便秘、胸やけ、疲労感 など)
漢方内科
現在、一般的に普及している医療は欧米医学をベースにしたものです。それに対し、中国医学をベースにして東洋医学があります。欧米医学は、「病気の元を叩く」という考え方であるのに対し、東洋医学は、「病気は身体能力の不足の表れ」と考え、身体の不足点を補うことに重点を置くという違いがあります。欧米医学、東洋医学とも長所、短所があります。当院ではそれぞれの長所を組み合わせ、患者さんに最適な医療を提供できるよう心がけています。



泌尿器科

「泌尿器科ではこんな病気を扱っています」

PSA異常
「前立腺がん」の可能性があります。
他に「腎臓がん」「膀胱がん」「精巣腫瘍」などが診療対象です。

排尿障害(「頻尿」「夜尿」「尿漏れ」「尿の出が悪い」など)
「前立腺肥大症」「過活動膀胱」「前立腺炎」等が考えられます。
血尿
「尿路感染」「腎臓病」「がん」等が考えられます。
背中の痛み、腰痛
「尿管結石」等が考えられます。
下腹部・陰部の違和感、排尿痛、発熱
「尿路結石」(膀胱炎、急性前立腺炎、腎孟腎炎、性行為感染症)等が考えられます。
不妊
「男性不妊」の可能性があります。
疲労、めまい、不眠
更年期障害の可能性があります。更年期障害は男性、女性双方にあります。
各種予防接種
インフルエンザ、各種ワクチン など

女性泌尿器科

女性で、「トイレが近い」「尿漏れ」「泌尿時痛」でお悩みの方が多いです。 原因として「過活動膀胱」「間質性膀胱炎」等の病気があります。日本人の有病者(男性含む)は約800万人と推定されます。

適切な治療を受けることにより、症状が緩和される方が多いです。
泌尿器科医による治療を受けられるようお勧めします。

小児泌尿器科

お子さんの「おねしょ」や「包茎」を心配するお母さんが多いです。
まずは正しい知識を持つことが大切です。

[おねしょ」や「包茎」は珍しいことではありません。 まずは観察しましょう。 (まっすぐ排尿できない、頻繁に腫れる、など)
病的な兆候があっても、適切な治療を行えば過剰な心配は必要ありません。まずは泌尿器科で相談されるようお勧めします。

ED

EDの原因は「心因性ED」「器質性ED」の2つがあります。
治療法も個々人によって異なります。

当院では、EDの治療として「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」を用意しています。 薬以外の治療法として、漢方薬・注射・補助器具・手術等もあります。
当院では、診察・処方は男性医師が直接行っており、女性スタッフの目を気にする 必要はありません。
EDは、薬だけに頼るだけではなく総合的な検査・治療が必要です。
EDケアサポート
(詳細は、こちらでも確認する事ができます)
http://www.ed-care-support.jp
その他

「こんな病気も扱っています」

予防接種
インフルエンザ、Hibワクチン、肺炎球菌ワクチン、子宮頚がん、ワクチン等の予防接種を行っています。詳細はお問い合わせください。

小児科
お子さんの病気の診察を行っています。当院では初期対応を主に行い、さらなる治療・検査が必要な場合には専門病院へ紹介いたします。
訪問診療
診療所への通院が困難な方に対し、訪問診療を行っています。
産業医
当院では、産業医業務を取り扱っています。

可能な検査

尿検査: 蛋白尿、血尿等

レントゲン: 心不全、尿管結石等

超音波検査(エコー): 腎臓、前立腺等

尿流量検査: 尿勢、残尿等

心電図等: 不整脈、動脈硬化等

   


院内設備

  • 診察室
    尿検査自動測定器
  • 診察室
    超音波診断装置(エコー)
  • 診察室
    心電図
  • 診察室
    X線撮影装置
  •    


施設案内